一年の中で最も家賃がリーズナブルになる時期は6月から8月になります。この6月から8月の時期は、引越す方がとても少なくなる時期になりますので不動産業界は閑散期に突入します。既に埋まっている賃貸物件からの転居は少ないのですが、開いている部屋に入ってくれる方が少なくなっております。この時期に入ってくれないと、来年の繁盛期まで空きっぱなしの可能性もありますので、不動産業界ではどんな事をしても入居者を増やそうとする傾向があります。大家さんの意向もあり徐々に家賃を下げていく物件が増えて行く時期になっております。

4月から始まった生活が安定する6月の時期は、仕事も忙しくなったり、社員旅行などもある会社も多く、プライベートの時間が少なくなりやすい時期となっております。また、6月から8月の時期は、気温や気候が一年の中で最も厳しい時期になっております。雨が降ったり夏日だったりしている時期に、あえて出かけて不動産巡りをしたいという方が少ないので、どうしても入居者が少なくなっているのです。その為、底値になっている賃貸物件を見つける事ができる確率が高くなっております。その為、ライバルの少ない6月から8月に部屋探しをすると安くてお得な賃貸物件を見つける事ができるのです。