家賃が高い時期とは

家賃は、一年を通じて全て同じではないのをご存知でしょうか。その為、家賃の安い部屋を探すようなん場合には、間違いなく時期を選ぶのがポイントになります。その為には、絶対に引越してはいけない時期を確認しておく事が重要になります。一番引越してはいけない時期は12月から3月です。12月がなぜ家賃の安い部屋探しに向かないのかというと、大家さんはすでに来年の募集について考えている時期だからです。年末は特に忙しい上に、来年になれば多くの方が転居を考えている時期にもなりますので、12月にあえて家賃を下げてまでも入居者を探そうと思っている方は少なくなっているのです。

そして不動産業界や大家さんが最も強気になるのが1月から3月の期間です。この時期は春からの新生活を考えて新しい家を探す時期になりますので、入居者募集がとても多い時期になります。入居者が多いということは、過去にこの時期に部屋を借りた人も多いので更新月になります。更新料を払いたくない方も転居する割合が多くなってくる時期になりますので、引越しする人が多くなります。その為、不動産業界も値下げをしてまで無理に入居者を入れる必要がないというのが素直な気持ちです。その為、12月から3月の間は、どうしても家賃の安い部屋が見つかりにくいという事になります。